シェア順!証券代行会社を知りたいなら当ランキングサイトにお任せ!

Home > 証券代行を見つけるコツ > 証券代行業務によるシェアホルダーの把握

証券代行業務によるシェアホルダーの把握

株式会社にとってシェアホルダーは、とても重要な存在ではないでしょうか。
なぜなら、株式を購入することで投資をしてもらうことができますし、株主総会で株主として意見を述べてもらうことにより、第三者の目線で会社を見てもらうことができ、良い方向へ導いてくれるのではないかと考えられるからです。
ですが、中には悪質な株主も存在しています。
それは、株主総会で暴言を吐いたり、暴れたりするような株主です。
悪質な株主が株主総会に出席すると、他の株主に迷惑がかかりますし、株主総会を円滑に進めることができなくなってしまいます。
そこで、証券代行業務を委託している会社の存在が重要になります。
この会社には、様々な株主の情報が入ってきます。
ですので、危険な株主がいないか分かります。
そのため、株主総会に向けてしっかりと準備ができ、対策を取ることができます。



証券代行でシェアホルダーを管理すること

証券代行業務を外部の会社に行ってもらうことで、企業が行う株式関係業務は大幅に楽になると考えられます。
なぜなら、たくさんの業務がありますし、細かい仕事がたくさんあり、担当者がすべての業務を行うことは難しいと考えられるからです。
特にシェアホルダーの管理が一番大変ではないでしょうか。
シェアホルダーは、企業の株式を購入した株主です。
ですので、誰でもなることができますし、誰でもやめることができます。
企業は株主になった人を把握しなければいけませんし、株主をやめた人も把握しなければいけませんが、数えきれない株主の動きがありますので、企業で対応することは困難です。
証券代行業務を行う会社では、専門スタッフがいたり、専門のシステムで管理できますので、対応できます。
ですので、シェアホルダーの管理などは、外部に委託すると企業にとって大きなメリットになるのではないでしょうか。



証券代行のシェアをめぐり争う企業

証券代行とは、株式を発行している会社の代行として、発行する会社の株式事務を請け負う業務を指します。
請け負う業者の事を株式名簿発行人と呼び、会社法で規定されているのが特徴です。
信託銀行の大半で請け負っているとされ、株式の流通をスムーズに行うこと、投資家の保護を目的として、取り扱う業者には法律上いなければならないとされています。
資格を取得する企業が増えることにより、信託銀行のシェアに関して競争が激化すると考える人が少なくありません。
発行会社1社に対して金融機関1社しか指定できないからです。
今後金融機関で参入が激化することによって、よりいっそう多数の企業が火花を散らすことになるとここ数年懸念されてきました。
それぞれの企業の特徴から代行を請け負う為に、営業活動を努力し続けている担当者が多いといわれています。

次の記事へ

ページトップへ