シェア順!証券代行会社を知りたいなら当ランキングサイトにお任せ!

Home > 証券代行を見つけるコツ > 証券代行業務とはどのようなサービス内容か理解する

証券代行業務とはどのようなサービス内容か理解する

証券代行業務とはどのような内容のものなのか正しく把握しておく必要があります。
具体的なサービス内容としては証券代行営業と証券代行事務の二つに分けられます。
証券代行営業とは取引先へ株式の実務アドバイスをしたり、株式総会の運営に向けて社長を補佐する役目です。
また資本政策としての相談窓口になったり、企業価値の向上に努めます。
業務を通じて株式や投資家の良好な関係を築く重要な役目を果たします。
証券代行事務は、株式名簿管理人として株式に関わる実務を行います。
例えば、株式名簿の管理や株主総会の案内に関する事務、総会の案内、配当金の計算や支払い業務、問い合わせ対応など多岐にわたる業務をこなします。
最近はインターネットでの株主総会通知や送付、上場投資信託、日本型預託証券など新しい実務が登場しています。
以前以上に高度な知識と事務能力が求められています。


各信託銀行では証券代行業務を行っています。
信託銀行が株式の発行会社から株式に関する事務を委託しています。
意外と複雑な事務手続きを行います。
証券代行業務を行っている機関は信託銀行の他に証券代行専門会社があります。
細かなサービス内容は委託先によって異なる場合もあります。
委託される業務は正確であり迅速な事務処理は当たり前で、近年は様々な形で変化する多様なニーズに対応していく事が重要になっています。
特に、株式名簿の確定に関しては、より迅速で最短で行うようになっています。
株式属性情報や確定帳票、日報、月報などウエブサイトからダウンロードできるようになっています。
電子化時代にふさわしいサービスを提供出来るよう各信託銀行や証券代行専門会社などはサービスの利便性の向上を目指しています。


株式に関する手続きに関しては、各種手続きがあります。
口座振替、相続手続き、住所変更、届け印の変更、改姓名、商号変更など様々な事務手続きがあります。
インターネットを通じて株式実務や株式法務、IRに関する情報を確認する事が出来るサービスがあります。
サービスを利用できるのは、株式事務を委託している会社は申込みにより利用する事が出来ます。
個人向けの、法人向けサービスが分かれています。
信託銀行や証券代行会社によって受託上場会社の数は異なります。
トップクラスの業務を誇る機関では、より高品質なサービスを提供しています。
株式公開のお手伝いとして客観的、中立的な立場からのアドバイス、コンサルティング、株式公開準備をサポートしています。
また年に一度くらいは株主とコミュニケーションを計っています。

次の記事へ

ページトップへ