シェア順!証券代行会社を知りたいなら当ランキングサイトにお任せ!

Home > 証券代行を見つけるコツ > 証券代行サービスのシェア争いも激しくなっています

証券代行サービスのシェア争いも激しくなっています

株式会社の証券代行サービスを行う信託銀行ですが、最近はシェア争いが非常に激しくなっている状況です。
多くの企業から代行サービスの依頼を受けるために多額のコストをかけてシステム化などを進めている状況なので、複数の信託銀行の情報をチェックした上で安心して任せられる所を選ぶのがオススメです。
自社で株式関係の業務を行うことももちろんできますが、専門知識も必要になりますので、人件費をわざわざかけるのであればプロが在籍している信託銀行に証券代行サービスを任せた方が安く済むケースも多いです。
代行サービスの詳細は信託銀行のホームページでも確認できますし、直接銀行を訪れてスタッフと話をすることも可能なので、これから代行サービスを利用したいと考えている経営者の方は、信託銀行のサービスを比較した上で希望する条件に合った所を選んでください。



証券代行サービスでシェアホルダーの分析

シェアホルダーというのは、自社の株式を購入した株主のことです。
株式会社は、株主が株式を購入して投資をしてくれることで資金を得ることができます。
また、その株主が株主総会などで意見をすることであったり、会社の意思決定に参加することにより、会社経営の方向性を決めていくことになります。
ですので、株式会社は、自社の株式を購入した株主を把握しなければいけません。
どういった把握が必要になるのかというと、どれだけの人が株主になっているのかであったり、どの人がどれだけの株式を所有しているのかです。
また、株式を所有している株主がどんな考えを持っているかなども把握する必要があります。
ですが、自社でこれらを把握することは難しいです。
ですので、証券代行サービスを提供している会社に依頼し、分析をしてもらう必要があります。
様々な情報を持っていますので、しっかりとした分析をしてもらうことができ、経営に役立てることができます。



証券代行業務の高いシェアを占める信託銀行

株式会社が株式を発行すると非常に煩雑な事務処理が必要になるため、証券代行を専門家に任せるケースが多いです。
証券代行業務で高いシェアを占めているのは大手の信託銀行であり、株式公開の代行や株式公開後の事務処理の代行などを行っています。
信託銀行に任せることによって、スムーズに株式公開を行えるようになり、株式公開後の事務処理も大変楽になります。
信託銀行に証券代行を依頼すると、企業の株式担当者の良きパートナーになってくれ、大株主とのコミュニケーションや株主総会の対策など、あらゆる業務を代行してもらえます。
信託銀行はIRやSRなどの広報もサポートしてくれますので、企業の広報担当者は良質なプレスリリースを配信することができます。
非上場会社が上場する場合には信託銀行のIPOコンサルタントがサポートしてくれるため、スムーズに株式上場を行えます。

次の記事へ

ページトップへ