シェア順!証券代行会社を知りたいなら当ランキングサイトにお任せ!

Home > 証券代行を見つけるコツ > 証券代行サービスとシェアホルダー

証券代行サービスとシェアホルダー

証券代行サービスを利用すると、企業の担当者の負担が大幅に減るのではないでしょうか。
企業が行わなければならない株式関連業務はとてもたくさんありますし、とても複雑です。
ですので、この業務を行う担当者は、とても大変です。
専門的な知識が必要ですし、会社法に関する知識も必要になりますので、しっかりと勉強しなければいけません。
また、常に対応に追われてしまうのではないでしょうか。
そんなときに証券代行サービスを利用すれば、しっかりとした支援を受けることができ、担当者の負担を減らすことができます。
特にシェアホルダーの把握であったり、シェアホルダーの対応が最も大変な業務ですので、これらの業務を証券代行サービスを提供している会社に委託することで、大幅に担当者の負担を減らすことができます。
その他にも株主総会の支援や配当金の計算・支払いなども委託することができます。



証券代行業務の具体的な内容とシェアの拡大

証券代行とは、株式会社が本来行うべき株式に関する事務を、手数料を得ることで代行することを言います。
具体的な業務内容は、株主名簿の名義書換事務や、名簿の管理、株式に質権が設定された場合や信託譲渡があった場合の株主名簿や株券へのその旨の表示、株券の再発行、配当金の計算や支払いなど多岐にわたります。
加えて、株主総会の関係事務や新株の発行、株式の分割や併合、株式または社債の転換事務など、証券に関わる様々な業務があります。
これらの業務は、会社側からすれば、株式事務に関する人員配置などのコストが発生することになります。
これらの業務を信託会社などが代行することで、事務コストの低減や合理化を図ることができます。
信託会社もこれらの代行業務の委託を受けるシェアを拡大することで、業績の拡大につなげることができます。



証券代行におけるシェアのための役割

証券代行はお取引先に対する株式実務のアドバイスおよび株主総会の運営などを行う業務をさします。
スムーズに運営することによって、業務の効率化を図ることを目的としています。
また、証券代行をシェアすることにより、情報漏えいなどのトラブルを未然に防ぐことができます。
そのため、重要な経営課題であり企業価値の向上についての大きな役割を担っています。
株主や投資家と良好な関係を築くことにより、健全に企業価値を高めていくことを可能にします。
株主名簿の管理や議決権講師結果の集計などの業務を請け負うため、その活動は非常に多岐にわたります。
配当金の計算や支払いも担当し、株主宛書類も送付します。
さらには、株主からの問い合わせに対応もします。
たくさんの知識を必要とする高い業務遂行能力が必要とされます。
企業にはなくてはならない業務になります。

次の記事へ

ページトップへ