シェア順!証券代行会社を知りたいなら当ランキングサイトにお任せ!

Home > 証券代行を見つけるコツ > 証券代行のシェアに関する取り扱いとは

証券代行のシェアに関する取り扱いとは

銀行の業務は、ATMでお金を出し入れするだけではありません。
証券事業も銀行業務の一貫です。
国内最大手の都市銀行は、信託などを幅広く取り扱っています。
株式の証券発行会社にかわり、株券などの証券を発行することを証券代行と言います。
いわゆる株式に関する雑務を行うことが銀行業務の役割であるといっても過言ではありません。
代行受託会社の数はもちろん、証券発行数も業界トップである銀行に任せることが望ましいです。
長い歴史とノウハウの中で培った技術に基づいて毎日な業務を遂行しています。
信託機関という中立的な立場だからこそ実践できることがあります。
コンサルティングを含め、安全で高品質な信託の取り扱いと情報公開に努めています。
株式情報などの公開も積極的に行っている企業とのシェアも十分であるといっても過言ではありません。



郵便関係の証券代行のシェアとは

証券に関する取り扱いは郵便関係でも可能になりました。
2005年に郵政民営化されたことに伴うものですが、正式に証券が発行されたのは2015年のことになります。
主に信託銀行が窓口となります。
その理由は、運営元である日本郵政が、受注先に信託銀行を選択したからです。
取り扱い内容は、証券代行の取り扱い業務がメインとなります。
郵政に関しては、その信託銀行が取り扱いシェア数がトップであることが挙げられます。
配当金や株式情報などの公開も顧客にたいして積極的に行っているのが、この信託銀行です。
また、色々なイベントも企画されています。
上場すると100万人単位に膨れ上がることからシェア数はトップクラスを維持することは間違いありません。
まだ、優勢に関する株の知名度は高いとは言えませんが、今後の発展に期待がかかります。



証券代行業務の概要とシェア拡大

証券代行業務とは、株式会社が発行した株式に関する事務を、その株式会社に代わって行う業務です。
この株式事務を請け負う受託者のことを、株主名簿管理人と呼びます。
株主名簿管理人は、投資家保護、株式流通の円滑化の観点から、証券取引所の上場審査基準等により設置が義務付けられています。
株式事務の具体的な業務内容は、株主名簿の管理や株主総会の招集に係る通知の発送など、株主に関わることがあります。
株主総会などの株式実務に関する各種コンサルティングも行います。
さらに、増資や株式分割などの株式事務もあります。
また、投資家に対する活動としての、IR活動やSR活動に関しても、支援業務も行います。
それに加えて、国内や外国人株主の議決権行使の分析結果を提供することもできます。
これらの株式事務にはかなりの労力を要しますので、これを証券代行として請け負います。
外注化は進んでいますので、そのシェアを拡大することで、業績拡大につながります。

次の記事へ

ページトップへ