シェア順!証券代行会社を知りたいなら当紹介サイトにお任せ!

証券代行業務を依頼する際の参考にしてください

証券代行 紹介サイトでは証券代行会社や信託銀行など、証券代行業務を行っている会社や銀行の情報を掲載しています。依頼する際の参考にサイトを活用してください。

企業内で準備を全て行っているところも在りますが、多くの人材を確保する必要があるため、証券代行会社や信託銀行にお任せした方がコスト的にもお得なケースがほとんどです。紹介サイトで詳細も確認できますので、その中から信頼して任せられる所を選んでください。

証券代行 シェア紹介サイト上には実際に依頼した方の口コミ情報も多数掲載されていますので、メリットやデメリットなど生の声を聞くのもオススメです。代行費用もそれぞれ異なりますので、少しでも安く請け負ってくれる所を選んでください。

株式会社アイ・アールジャパン

公式サイトはコチラ

証券代行をしてくれる会社を探すためには、シェアの大きい会社を比較することが大切です。また自分の会社に最適なコンサルティングを行ってくれるところを選ぶことで、1番適したやり方で証券代行をしてもらえます。

株式会社アイ・アールジャパンは、証券代行を比較的リーズナブルに行ってくれる会社です。もちろんコンサルティングなども行ってくれるので、今後の企業の方向性が定めやすくなります。シェアも高く人気のある会社です。

株式会社アイ・アールジャパンでは、企業のIRに関するさまざまな支援を行ってくれます。証券代行業務もその1つであり、利用しやすいシステムとして多くの人に利用されているのです。

フィデリティ証券

公式サイトはコチラ

副収入の手立てとして、投資信託を検討することがあります。証券会社にもいろいろありますが、どのサービスにするのか迷っている人はフィデリティ証券を覗いてみましょう。ファンドシェアが高いことが魅力の証券代行サービスです。

フィデリティ証券では、投資信託だけでなくNISAも扱っています。副収入が欲しいけど資金はあまり多く用意できない人や、見返りは少なくていいから安定して利益を出したい人にはおすすめです。ファンド購入の手数料がないことも魅力の一つです。

運用するファンド数は2万以上と選択肢も豊富にあります。ホームページには参考になるランキングが掲載されており、情報も十分にそろっています。初めて投資を始める人でも、フィデリティ証券であれば安心して取り組めます。

大和証券

公式サイトはコチラ

証券代行の大和証券は日経ヴェリタス人気アナリストランキング、トムソン・ロイターのスターマイン・アナリスト・アワードなど、アナリストランキング上位者が多数在籍しています。大和証券グループが誇るアナリスト・ストラテジスト等による最新情報をレポートや動画で提供しています。

シェアの高い大和証券は新規公開株式の募集に際して、新規公開株式を購入する権利を抽選により決定し、当選されたお客さまがこの権利を購入申込みすることによって新規公開株式を取得できる便利なサービスがあります。

長年の運用ノウハウと高速取引システムの導入により、急激な相場変動にも安定した取引環境を提供しお客さまの資産運用をサポートしています。インターネットでお取引するお客さまでも、大和証券の店舗での投資相談が利用できます。

三菱UFJ信託銀行

公式サイトはコチラ

三菱UFJ信託銀行は、代行受託会社数、受託上場会社数において、国内トップシェアの証券代行機関です。三菱UFJ信託銀行は長年の歴史から、様々な経験やノウハウを持っている会社です。証券代行の主なサービスは、株式公開のサポート、株式公開後のサポートなどです。

三菱UFJ信託銀行は、株主や投資家に関する様々なニーズをサポートするために、シェアホルダー・リレーションズ、インベスター・リレーションズの推進のためのコンサルティングを行っています。株式を公開すると、投資家と会社の関係が重視されることになるので、投資家と株主の関係に関するサポートを行ってくれる点が強みです。

三菱UFJ信託銀行では、自社株式を利用した、役職員向けインセンティブプランがあります。具体的には、会社が決めた役員に自社株式を交付する「役員報酬BIP信託」、従業員向けの「株式付与ESOP信託」、株価が値上がりした場合に値が上がった分を従業員に還元する「従業員持株ESOP信託」の3つです。自社株式を利用したプランがこの銀行の強みです。

日本シェアホルダーサービス(JSS)

公式サイトはコチラ

日本シェアホルダーサービス(JSS)は、株主名簿管理及び株主総会対応での豊富な実績とノウハウを蓄積し、IT技術を駆使した最先端の株主対応業務を実現し、証券代行会社としてハイレベルなサポート体制を確立しています。

日本シェアホルダーサービス(JSS)は、最高水準の調査体制とコンサルティング機能と、徹底したコンプライアンス運営の厳正化を追及する事で、顧客2安心と安全を提供する事によって、実績を積み重ねてきました。

日本シェアホルダーサービス(JSS)、先進国市場でトップシェアを誇る世界最大の証券代行会社にまで成長を遂げ、更には今注目の新興国マーケットに於きましても証券代行業務を行い、着実にシェアを増やし続けています。

みずほ信託銀行

公式サイトはコチラ

株式会社では、株主が存在します。上場会社となると、非常に多くの株主を管理しなければいけません。みずほ信託銀行では証券代行を行っています。株主名簿管理を行ってくれるので、多くの株主がいても問題ありません。

会社によっては、利益の処分として配当金の支払いをする場合があります。配当をすれば資金流出となり、資金の準備なども必要になります。みずほ信託銀行の証券代行サービスでは配当金計算があり、いくら支払わないといけないかなどがわかります。

決算の時などには、株主総会に向けて議決権行使に関する書類などを株主に送付します。みずほ信託銀行は証券代行をを行なっており、シェアの大きな業務としては議決権行使の集計などがあります。企業側の負担を大きく減らします。

株式会社の株式に関する業務を代行する証券代行

会社を経営するに当たっては、運営するための資金や事業を拡大するための設備投資等に振り向ける資金などを調達する必要があります。金融機関から借り入れる方法もありますが、それだけでは資金の調達範囲が狭く、必要な資金を十分に調達できない可能性があります。このため、市場から直接、幅広くお金を調達するために株式を発行します。この株式を投資家に購入してもらうことで、資金を調達することになります。しかし、株式の発行に伴って、株式に関する様々な業務が発生します。例えば、株主名簿管理、配当金計算、株主総会招集通知の発送、議決権行使の集計、端株の買取、新株予約権行使に伴う新株発行などがあります。これらの業務は多岐にわたり、専門的な知識などを要しますので、ここに証券代行業務の必要性があります。

証券代行業務でもっとも重要な業務が、株主名簿管理人業務です。株主は、株主総会において議決権を行使することができますが、その力は保有する株式に応じて決定されます。このため、誰が、どの程度株式を保有しているかは常に把握していなければなりません。また、会社のオーナーである株主との間で良好なコミュニケーションを保ち、年に1回開催する株主総会を円滑に実施することが必要です。商法などに規定された条文について専門知識が必要とされますし、法令や制度改正にも対応していくことは困難な業務です。企業価値を向上させるためには、現状分析や課題の抽出が必要ですが、その分析、課題解決策の提案、投資家との関係を保つIRのサポートなど証券代行業務の内容は広汎かつ多様なものとなります。投資家の動向を的確に把握し、コーポレートガバナンスのつなげる施策の立案サポートなども必要です。

株式を公開して、広く資金を求めることに伴い、不特定多数の株主が出現することになりますし、売買などにより株式の移動なども頻繁に行われることになります。このため、株主名簿の管理や株式の名義書換などに関しても迅速に対応することが求められます。また、有価証券である株券についても、事故や偽造などが発生すると、証券市場全体に影響を及ぼすことになりますので、厳格に管理することが求められています。これらの株式に関する事務を会社自身で行うことはもちろん可能ですが、多大な労力とコストがかかります。また、株式を上場している会社は、投資家保護、株式流通の円滑化を図ることを目的に、株主名簿管理人の設置が義務付けられています。この株主名簿管理人が、株式の名義書換や配当の支払等の事務手続など、株式に関する管理事務を代行します。

ページトップへ